shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS トレーニングジムで必要なものを適当に用意(その1) 

<<   作成日時 : 2012/08/20 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

腰部脊柱管狭窄症で最近筋トレを始めたが、この暑さの中、幾ら冷房が効いたジムといえども、無防備では危険だろう。運動で汗をかき、体内の水分が欠乏すれば熱中症になるからだ。
最近、屋外で熱中症で倒れる人が矢鱈と多い中、ペットボトルを持って歩く人が目立つ。
そこで私は水分を補給するための小型の携帯魔法瓶を購入してジムに持参している。
しかし、インタネット販売で、いろんな製品の中から最適と思われる物を選択するのは至難である。何といっても触ってみることが出来ないからだ。
ここに良い例がある。
先日インタネットで写真の様な小型のステンレス魔法瓶を購入した。
画像これだけ見れば小型でデザインも良い、使い易そうだ、と結論を下して購入した。
一見良さそうだと思った物を分解してみよう。

画像説明書には部分的な機能の説明は一切ないのだ。単に分解の仕方、手入れの仕方が説明してあるだけだ。
一番上のキャップを取ると中が見えるがキャップの意味もその下に見えるものの役目も分からない。

画像更に、その下の部品を外すと写真の様になる。黄色い部品が何の為に付いているのか全く分からない。本体の大きな開口部が飲み口なのだ。飲み易そうだが熱いお茶などを入れた場合は要注意だ。こぼれ易い構造だからだ。

画像このボトルは200cc用だが、高々1時間程度のトレーニングには十分と思って買ったのだ。 

画像この写真の黄色い物体はなんだろうか?単に内容物を飲むだけならこの様な訳の分からない蓋は無用だろうと思うのだが、やはりいろいろ考えるのが楽しいのだ。
そこで好き勝手に考えてみた。                                                    

画像この容器には熱いものや冷たいものを入れるので、容器の縁まで並々と液体を入れない限り、空気が占める空間がある筈だ。
熱いものを入れた場合は、液体が冷えるにつれて空気が次第に収縮し魔法瓶の作用をするステンレスに収縮方向に圧力が掛かるだろう。この圧力によりステンレスに無理が掛かり破壊されるかも知れない。これを防ぐ為にはこの黄色い部分を通して外部から空気が入ってくれれば万事問題はないのだ。
冷たい液体の場合は膨張方向に圧力が掛かるのだ。兎に角、この黄色い部品が、水は通さないで空気が通る物体で出来ていれば誠に好都合なのだ。

 

画像

 

画像
ということで、飲み口から上の部分は空気を通して液体を通さないハイテクの蓋だと想像している。それが正しいとしても便利ではあるが全体から見れば複雑さを増幅している諸悪の根源ともいえる。
よーく見ると飲み口にも黒いパッキンが付いている。そのパッキンを引き抜いてみると更に飲み口に固定する役目の細いパッキンが付いているのだ。部品点数にすると合計9点の部品になるのだ。
これだけの部品を毎日洗うのがこのボトルの手入れになるというのだ。
使う度にこれだけの部品を洗うとなると、いくらデザインが良いと言っても些か億劫になりそうだ。既に頭の中ではもっと使い易いのが有るのではないかと考え始めている。
まあ、教訓としては、見かけだけで選択しては駄目といえるだろう。
 


序に、スポーツジムで使えるものを買ったので紹介しよう。腕に汗をかいても気にならない時計だ。
汗が付いても、汗を拭いたタオルで適当に拭き取っておけば大丈夫。なんたって値段がたったの100円なのだ。
画像ディジタル時計なんてものは秒を刻む原発振の精度が正確であれば後はディジタル処理をすれば良いのだから何の問題もないのだ。値段の高い時計も極端に安い時計も時計としての機能には全然、差はないのだ。入れ物が良いとか、デザインが良いとか、ダイヤモンドが貼り付けてあるとか、時計の機能には全く何の関係もないもので売価を稼いでいると言っても過言ではなかろう。

 


画像時計の横に小さなボタンが付いていて、このボタンの操作で時計を合わせたり、時間と日にちを交互に表示したりするようになっている。
精度に関しては機械式の腕時計に比べれば、この安っぽい時計に軍配が上がるだろう。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレーニングジムで必要なものを適当に用意(その1)  shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる