shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS 必見! アルツハイマー型認知症の予防法について

<<   作成日時 : 2012/09/27 17:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

沢山ある認知症の原因の中で最も患者数が多く、その半分以上を占めるのがアルツハイマー型認知症だ。
この病気を引き起こす原因はアミロイドβと呼ばれる老廃物だ。脳で作り出されて、数10年かけて脳に溜まっていき脳細胞を徐々に破壊していく元凶となっているのだ。
このアミロイドβは誰の脳でも作られるのだが、通常はこれを分解してくれる酵素があり、正常に活躍できていればアミロイドβは次々に分解され脳には溜まらない仕組みになっているのだ。
ところが体が「或る状態」になると、その酵素が活躍できなくなりアミロイドβを分解できなくなるのだ。
では酵素が活躍できなくなる「或る状態」とは一体なんなのだろう。それは或る物質が増えている状態だというのだ。その物質は食事をすると血液中に出てくるものだ。
そこで和食、洋食、中華料理別に被試験者を分けて食事をして貰い、それぞれ血液検査をしてみると、和食を取った人だけに圧倒的に増える結果となったのだ。ただ和食が悪いという訳ではなく、メニューの内容がお寿司にうどんを一遍に食べたことに原因があるのだ。すなわちダブル炭水化物だ。ダブル炭水化物により上がる血糖値を下げるために沢山のインスリンが分泌されるためアミロイドβを分解していた酵素がこのインスリンを正常な値まで下げるべく一所懸命働き、アミロイドβを分解する仕事には手が回らなくなるのだ。
前記の脳内でアミロイドβを分解してくれていた酵素は本来インスリンを適当な量に調整する役目を持ったインスリン分解酵素なのだが、副業としてアミロイドβを分解して呉れていたのだ。
従って、慢性的にインスリンが多くなるような食事をしているとインスリン分解酵素はインスリン分解に大忙しでアミロイドβの分解には手が回らなくなるのだ。
慢性的にインスリンが多いのはどんな人か、それは2型糖尿病と糖尿病予備軍なのだ。
さて、大まかな認知症の仕組みが分かったところでNHKのサイトを参照して貰い、その予防法も勉強して頂こう。

NHKためしてガッテン

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120926.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
必見! アルツハイマー型認知症の予防法について shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる