shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めてカメラをドライボックスに入れてみた。

<<   作成日時 : 2013/06/25 18:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

今までカメラを何台買ったか覚えていないが、カメラをドライボックスに入れて保管した経験は全くない。
湿度がカメラに与える影響を知らない訳ではないが、無関心だったのだろう。
日本の様に湿度の高い国で湿度に無関心とは些か自分でも驚いてはいるが、カビが生えたってそれほど大事なカメラを持っている訳ではないし、と高を括っていたのは確かだ。
だからといって今、大事なカメラといえるようなカメラを持ってる訳でもない。要するに科学的好奇心、或いは知的好奇心をくすぐられたということだろうか。
ということで早速、新横浜のビックカメラに行ってみた。
先ずは、カメラを入れる箱だ。何台も入れる訳ではない、一台だけ入れば良いので最も小型の8リットルの箱を選ぶ。

画像の上でクリックするとサイズが大きくなって見易くなります。
画像画像の様に箱の側面にアナログ表示の湿度計が付けられるようになっていて便利だ。
箱だけ買っても意味がないのは言うまでもない。カメラのレンズにカビが生えるのが致命的な問題になるので、これを防ぐ為には箱の中の湿度を下げる必要があるのだ。その為には、箱の中に除湿剤を入れなければならないのだ。 

画像 この箱には除湿剤を入れるトレイが付いているので、このトレイに画像の様に除湿剤を入れておくのだ。 除湿剤の他に、小物を入れるスペースもあるので適当に入れておけばよい。   

画像 この箱の蓋には画像の様にパッキン(シリコンゴム製)が付いていて蓋を閉めれば完全に密閉できるようになっている。   

一般的には湿度を30%〜40%ぐらいにすればカビの増殖を防げるといわれているので、その範囲に維持できるようにすればよいのだが簡単ではない様だ。
梅雨の時期に、ほったらかしにしないように心掛けるだけでも良いのではないかと思っている。元来、時計の様に実時間を比較する道具は我々の周りには、ごまんとあるので、何の問題もないが、湿度となると買ってきた湿度計の指示する値が正しいかどうかを判断する手段がない。そこで勢い比較する手段として複数台買ってくるしかないのだ。結果として湿度計が何台も部屋のあちこちに分散設置されることにもなる。
昔、湿度計を分解して中身を調べていて、毛髪が使われていたのには驚いた。原理的、且つ実用的な方法らしく現在でもその方法を利用した湿度計は存在するらしい。そのような過去の経験が刷り込まれていて湿度計を信用することが出来ない。勿論、毛髪に頼らなくてもいい方法が発明されていることも知ってはいるのだが----。 

画像 今ここにあるアナログとディジタルの湿度計の指示値を比較してみると前者が43%、後者が38%を指していて、5%の誤差がある。この画像の指示値はブログ掲載用に撮ったものであるから、ボックスの内部と外部の湿度が異なるのは当然だが---。

画像このドライボックスに添付されていた乾燥剤は6cmX7cm程度の小さなものだったが、これが結構強力で室内の湿度は今日は70%近くあるのだが、ある程度時間を置いて湿度をチェックしてみると45%程度まで下がっているのだ。従って予備用として購入した画像の様な大きな乾燥剤は必要ないのだ。
この乾燥剤はよくよく見てみると、6X7cm程度の乾燥剤が4枚繋がっていて大きな1枚の乾燥剤になっており、これが合計で2枚入っているのだ。従って鋏で最小単位の乾燥剤に切って使えば良さそうだ。湿気を吸わないように密封できる袋に入れて管理しなければならない。高々8リットルしかない容積の箱の中の湿気を吸わせる訳だからこんなもんだろうと判断は付くのだが、大きな部屋に置かれた除湿機が何リットルもの水を除湿している現実と比較して、咄嗟にその現実離れした世界との差に感覚が追いついていかない。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ドライボックスですか、乾燥しすぎにご注意あれ。
あまり乾燥させすぎるとレンズのバルサム(糊)切れやカメラの脂分の年度が上がりすぎてしまいますので。昔のカメラの説明書には「塵を除け、風通しのよい所に吊っておけ」と書いてありましたね。私の家にも165ℓの大きな防湿庫がありますが、大体45〜47%にしています。
デジカメは意外と湿度に強いのですが、レンズはそうはいきませんが、細かいのは文机の抽斗に放り込んでいます。
北斗
2014/08/04 19:41
北斗さん、こんにちは、ご忠告有難う御座います。
今まで乾燥し過ぎるとカメラにどんな不具合が出るかという様な記事を見たことが無かったので湿度の下限を気にすることがなかったんですよ。本当に!今あらためてドライボックスの中のディジタル湿度計を見ましたら61%でした。これくらいでしたらどうでしょうか。このところ湿度が高い日が続きますので、カメラを出し入れすると直ぐ湿度が上がるようですーーーー。今後注意することにします。
shige
2014/08/05 10:33
北斗さんのドライボックスは165ℓですか、随分大型ですね。カメラの数が半端じゃないですからね。然もありなん、ではありますが。
shige
2014/08/05 10:38
shigeさんこんにちは。
61%なら特に気にすることも無いようですね、50%ちょっと切る位が良さそうですが。
中に入れるシリカゲルですが、薬局で瓶詰めを買うと言うのも手です、また「水とり象さん」(押入れの湿気とりも使えそうですね、ちょっと場どりますが(わ
北斗
2014/08/05 11:40
北斗さん、こんにちは、
シリカゲルの情報有難うございます。薬局は手っ取り早くていいですね。かなり頻繁に薬局には行ってますので便利はいいですね。押入れ用には「水とり象さん」も役に立ちそうです。有難うございました。
shige
2014/08/06 10:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めてカメラをドライボックスに入れてみた。 shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる