shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱中症と熱中することと関係あるの?

<<   作成日時 : 2013/08/31 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和54年(1979年)に発行された広辞林に、熱中症という単語はない。それまでは熱射病と言っていた様だ。
熱射病を捲ってみると、高温にさらされ続けることによって体温調節中枢の失調をきたし、体温調節作用が乱れて起こる疾患とある。一方、熱中については、あることに心を奪われこと。もっぱらその事に心を注ぐこと。夢中になることとある。熱中症とは何の関係もなさそうだ。熱中症と盛んに言われるようになった頃、何かに熱中するとどんな病になるのかね?と質問した人がいたそうだ。確かにそんな質問をしたくなる言葉だ。

私があることに最高に熱中した物がある。次のリンクを見てもらえば分かるのだが、私が熱中するような技術的な内容がふんだんに潜在するのだ。
(その1、その2)
http://shige-essay.at.webry.info/200605/article_7.html

(その3)
http://shige-essay.at.webry.info/200605/article_8.html

(その4)
http://shige-essay.at.webry.info/200605/article_9.html

もう、今後これ程熱中するようなものは出現しないだろうし、これ程熱中するようなエネルギーも全く残っていない様な気がしてならないのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱中症と熱中することと関係あるの? shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる