shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS アナログテスターが壊れたのでデジタルマルチメータに買い換えたのだがーーーー。

<<   作成日時 : 2016/05/02 13:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

テスターを取り出して何かトラブルシューティングをやってるなんてシーンは私の場合滅多にみられることではない。
それほどまでに修理という機会が少なくなってしまった。言い換えれば、故障するものが次第に減ってきたということに他ならない。若い頃にはいろいろな物を製作することに熱中していたが、年を取るにつれて作ること自体に情熱が失われてしまった。こんなことではいけないとは思うのだが、年には勝てそうにもない。
いや、勝てるどころか余計なトラブルを自ら製造していることに気が付いた。
最近電池で動作するものが増えてきて、電池の消耗具合には常に気を配らなければならない。電池の減り具合をアナログテスターで測定しようとテスターのリード線の+と−を電池のプラスとマイナスに当てたつもりでいた。
当然その前にレンジ切り換えは直流電圧にしなければならない。
ところがリード線を電池に当てた瞬間、カチッと大きな音がした。
今まで聞いたことがないくらい大きな音だった。何か間違ったことをやらかしたに違いない。
メーターの針がこんな音を立てるのは明らかに針がフルスケールの域を超えたからだ。よーくみると電圧レンジではなくて抵抗測定のレンジにして電圧を測定していたのだ。歳を取ると碌なことはない。視力が弱くなった所為でレンジ切り替えを間違えていたのだ。参ったな。テスターの修理が必要になってきた。
しょうがない。この際、デジタルマルチメータを買うことにしよう。今まで使ったことがないので興味本位で買うことにする。
アナログ方式の方が性に合うのではあるがー−−-、腕時計もアナログしか使わない。デジタルは本当に性に合わない。
と言う訳で、さっそくインタネットでKEW 1018 というタイプのものを購入した。電池は新品を購入して、新品と思われるデジタルテスターをテストする。購入して一週間以内に良品かどうか判定して欲しいという販売店の指示に従った。ところが新品不良である。宝くじではあるまいに、良品に当たらないとは。
さっそくクレーム同然の修理依頼の電話をしなければならない。全く面白くない。サービスセンタが愛媛県である。何とも辺鄙なところにあるものだ。先方の社内のやりとりで東京目黒本社から新品を送りますという返事がきたが、三日ぐらい経ってから愛媛のサービスセンターから新品を送りますと電話が掛かってきた。
紆余曲折はあったが、やっと使える品物を送ってきた。
画像  写真で見られる通り、アナログメータの方が一回り大きい。(写真の上でクリックするとサイズが大きくなって見易くなります)

画像









このテスターを毎日使う訳ではないので、使う前にテスターが正常に使えるかどうかテストをしておく必要があるだろうと思い、抵抗とコンデンサーをそれぞれ5個乃至6個づつ用意しておいてその値を予め記録しておけば記録値と比較することで正常かどうかの判断が出来るだろうと思っている。
縦にずらっと並んだタクトスイッチを1つずつプッシュするとプッシュしている時間だけ電気的にONになる様にした。
抵抗については、タクトスイッチをONにすると短時間でその抵抗値を支持するがコンデンサーについては、容量が大きくなるにつれて、測定結果を表示するまで何十秒という時間が掛かる。まあ、測定器の良否を判定するだけの行為なので問題はない。
実はアナログテスターでもそうであるように被測定物の抵抗値やコンデンサー容量によってレンジ切り替えを行うが、デジタルマルチメータの場合はレンジを自動的に切り替えてくれる(自動で切り替わらないのもある)ので便利は良い。そのレンジが何段に切り替えられるかは取説を見れば分かるので、そのレンジの数だけタクトスイッチを用意する必要がある。
これで一応、測定器として正常に機能する様になったので電子機器に限らず、屋内の電気トラブルにも対応できるようになった。またまた小さいながらも故障の対象になる電子機器が増えたことになる。
電気のトラブルが発生しても対処のしようがない家庭の場合はどうしてるんだろうと余計なことを考えながら筆を置くことにしよう。
今、思い出したのだが、測定器の仕様によっては、測定器の電源をONにして15分位経つと自動的にOFFになるものがある。今回購入したものも自動的に切れるようになっている。余計なことをしてくれるものだ。こんな機能は全く不要だ。不要どころか迷惑極まりない。測定器は人間が操作するものだ。測定器に勝手にOFFにされて良い筈がない。トラブルシューティングの途中で勝手に電源を切られては困るのだ。
メーカーって余計なことを平気でやってくれる。メーカーにそんな機能を要求する集団でもあるのかと疑いたくなる。電池が減るからそうしたというのだろうか?ナンセンスな発想だ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アナログテスターが壊れたのでデジタルマルチメータに買い換えたのだがーーーー。 shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる