Gothic Lolita , Goth-Loli , ゴシックロリータ、ゴスロリって一体何なの?


土曜日昼過ぎ、久しぶりに明治神宮の写真を撮り直そうと思いJR原宿駅に向かった。写真撮影でいつも気にしている日差しの方向がどうなっているだろうかと考えながら、少し高揚した気分で下車した。このJR原宿駅はいつもの事だが、若い人たちでごった返しえしていた。
何でこんなにこの駅を利用するのか分からない。別に明治神宮を訪ねる人達でごった返しているわけではない。どちらの方向に向かっているかまで調査してる訳ではないので人を掻き分けるようにして先へ進むしかない。
画像
駅から明治神宮に向かう途中に新宮橋があるが、この橋の上には実に異様な雰囲気が漂っている。というのは日頃我々が目にすることのない格好をした女の子達がたむろしているのだ。この奇妙な格好をしたギャル達を何族と呼ぶのかしらないが、少し興味が湧いてきた。家に帰ってからインタネットで調べるしかない、変な格好、少女、原宿などの言葉で検索してみると、いろいろな記事がわんさとヒットするではないか。いやはや驚いた。

画像いろいろ調べた結果、ゴスロリファッションの少女ということが分かった。何でも省略する日本のこと、この言葉の語源が何か調べる必要がある。
やっと分かった。Gothic Lolita fashion ,つまり、ゴシック・ロリータ・ファッション、略してGoth-Loli,すなわちゴスロリという訳だ。それでも意味不明、インタネットで検索できるウィキペディア・フリー百科事典を参考にしたところ、”ゴシック・アンド・ロリータの特徴を最も端的に表しているのが、そのファッションであり、そのファッション感覚こそがこの文化の中核となっている。このファッションを簡素に述べるならば、「ロリータ・ファッション」に表される事の多い、少女・少年を連想させる神秘的で無邪気な天使や妖精的な要素と「ゴシック・ファッション」に表される事の多い、倒錯・耽美の悪魔的な美意識が結合した、怪奇的な歪んだ少女趣味の一種と言うことができる。”後長々と解説が続くが、この程度にしておこう。
何とも分かったような分からないような説明である。これを理解する下地がないからであろう。
まあ、何となく倒錯したような怪奇的少女趣味の世界であることは理解できる。
じっくり写真をご覧頂こう、毎日ここを通ればいろんな写真が集まるだろうが、いささか気持ちの悪くなるような世界をのぞく癖がつきそうなのでこの程度で止めた方が良さそうではある。
画像

画像

画像

画像記念撮影をして貰ってる人も結構いるのである。
明治神宮の参拝客には観光を兼ねた外人さん達が半数を占めるが、この人達がこの神宮橋でゴスロリの少女達と記念撮影をしているのを見て、日本発信の文化がここにもある事に気づかされた一日であった。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック