shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS スピーカーボックス一つでFM放送やウォークマンの音楽を聴けるようにした

<<   作成日時 : 2014/03/27 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スピーカーボックスを安く販売している秋葉原の店をインタネットで見つけたので購入してみた。序に数十ヘルツから20,000ヘルツまで略フラットに出力できるスピーカーも序に秋葉原の店から購入した。
さてポケットラジオもウォークマンもイヤフォンで聞くレベルの出力しか出ない。
どの様に増幅するか考えたが適当な方法が考え付かない。いろいろインタネットで探すうちに感心すものに遭遇した。
最近の部品屋さんってあれこれと商売になる材料を考え出すもんだ。ボーっとしていたらこれらの恩恵を受けることもなく三途の川を亘ることになるかもしれないと思いながら、マウスのボタンをクリックしていた。
これも、小さなキット製品だ。部品が揃えられていて、それらを送られてきたプリント基板(PCBと呼ぶべきだろう)の指定された穴に挿し込んで半田付けするものだ。PCBの中心に前以って半田付けされているICがメインになっているが、それがスピーカーを鳴らす増幅器なのだ。小1時間もあれば完成する程度のものではある、問題はその周辺に付ける部品を選んで部品屋さんから買ってこなければならない。まあ電車と散歩の組み合わせで間に合うのだから NO PROBLEM at all !!! だ。

画像この画像の物は全て自分で調達したものだが、ケースは100円ショップで買ったもの、他のスイッチやジャックや端子類は近くの部品屋さんで調達したものである。

画像 この画像から推測できると思うが、ケースの左側に付いてるSWはラジオとウォークマンを切り替える役目を負っており、右側に付いているジャックにはDCアダプターから3〜14ボルトのDC電圧を接続すれば動作するようになっている。

画像ボックスの上に置いてある物がSonyのウォークマンだ。

画像ボックスの前面にはスピーカーが付けられるが、ネジ穴は自分で開けなければならない。
ネジ穴の位置を予め正確に決めておかなければならないほど全く余裕がない。勿論ボックスとスピーカーメーカーがそれぞれ違うのだから寸法に余裕がある筈もないのだがーーー。

画像これがポケットに入れてもらえないほど落ちぶれてしまったラジオだが、何故こんな使われ方をしなければならなくなったかは、イヤホンに原因があるのだ。久しぶりに引き出しから取り出して音楽でも聞こうかと思ってイヤホンコードを巻き取り器から引き出してイヤホンに指先で触ったら、ガサガサっと音がしてイヤホンがまるで、柔らかいお菓子の様に崩れてしまったのだ。これには驚いた。
プラスティックや金属で出来ているものがこのように崩れるとは!!その崩れ方をお菓子で表現しようとしたが、そのお菓子の名前を忘れてしまった。あっ、思い出した。ウェハースだった。

画像中央に張ってある三本の線がイヤホンに接続されている線だ。ステレオだから三本になっているが私の場合はモノラルだから二本だけが必要だ。
画像選局の為のプリセット用ボタンが左側に縦に7つあるが、これらのボタン類の接触不良などのトラブルは全く無いのにイヤホンが微塵に壊れるとは一体どの様な品質管理が行われているのか不思議ではある。

画像これが同じくSonyのウォークマンだ。
これらのちっぽけなデバイスで結構良い音が聴けるのだから驚きである。でかいスピーカーが流行った時代とは雲泥の差である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピーカーボックス一つでFM放送やウォークマンの音楽を聴けるようにした shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる