shige's essay

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな症状の病気にも服薬が必要なのかな?

<<   作成日時 : 2014/11/24 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

定期健診で、不整脈があるようですね, といわれて心電図をとってみると結果的には、心室性期外収縮の部類らしいのだ。
ホルターという携帯型の心電図記録装置を丸一日携帯してみなければ詳しい状況は分からないので、大きな病院で測定してみることにした。
一日24時間胸の辺りに電極を貼り付けて計ってみると、正常ならば24時間当たり約10万回の鼓動が期待されるのだが、私の場合は9万回というのだ、もちろんメモ帳を携帯して心臓に負担がかかるような動作をした場合は、いちいちメモ帳に記録しなければならない。
これで測定が終わった訳ではない、次は毎朝医者の処方による薬を服用してその効果をホルター型心電図で確かめなければならない。20日ほど薬を服用して心電図を記録してみたところ、9万回が9万1千回になっただけである。
これ以上は期待できないらしい。
何ということだ、たったの1000回しか改善されないのだ。つまり1パーセント鼓動が改善されただけである。
もっと分かり易くいえば、1分間の鼓動約62.5回が.約0.7回(約1回)増えて63.2回になっただけの話である。
この症状の改善に対して毎朝一錠の薬を服用しなければならないのだ。
本当に服用しなければならないのだろうか?もし薬の服用を止めたらどうなるのだろうか?
これほど医療に対して疑問に思ったことはない。
どなたか不整脈に詳しい方からのご意見が頂けたら有難いと思う次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな症状の病気にも服薬が必要なのかな? shige's essay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる